うめあるき

梅子の宝塚暮らしとお散歩

雑木林を抜けるとそこはレアな御朱印と秘密の場所、宝塚神社

雑木林を抜けるとそこは・・・。
そんなお散歩コースが大好きな宝塚神社へ行ってきました。
阪急電車で逆瀬川駅で下車。
阪急電車を眺めながら線路沿いの坂道を歩いて行きます。

 



眼下に宝塚の街並みが見えていい景色が広がって、しばらく歩くと風情ある平林寺が。

 


寺伝によると飛鳥時代に聖徳太子が創建したとのこと。
何度か歴史の中で焼失し再興されてきたようです。
平林寺でお参りをして、お地蔵さまが並ぶ雑木林のなかを行くと…

 



宝塚神社が見えてきました。

鳥居をくぐると十日戎で賑わっておりました。

 

宝塚えびすは地域の方々のあたたかい雰囲気が溢れてて、ここ数年通っています。
つきたてのお餅を振る舞ってくださいました。

 


焚き火を囲んでちょっと休憩。

 

タイミングよく宮司さんがいらっしゃるとゲットできる御朱印もいただけました。
イラスト付きがうれしい。

 

そして小高い丘になっている宝塚えびす神社から見下ろすと、なんと虹が。
今年はいいことあるかも!
実はこの場所からは初日の出が見えるので、ちょっとした秘密の場所なんです。

 

昨年の熊手をおさめて今年もいただいてきました。
こうして新しい熊手をお迎えすると、元気でまた来年も返しに来れそうな気がします。
地元の方々と焚き火を囲みながらお餅を食べてると、体はもちろん心の中まで温まって、宝塚っていい所だなぁとしみじみ。

 

来年もまた来ます。