うめあるき

梅子の宝塚暮らしとお散歩

みんぱくの「アルテ・ポプラル~メキシコ造形表現のいま」へ

みんぱくの「アルテ・ポプラル~メキシコ造形表現のいま」へ。


IMG_5353

アルテ・ポプラルはラテンアメリカの伝統文化で、芸術家ではなく職人や一般の人々の造形表現です。

その中からメキシコの造形表現を紹介している展示でした。

IMG_5348

毛糸を蜜蝋を塗った木板に隙間なく埋めるよう貼りつける毛糸絵は、メキシコ中西部の先住民族ウイチョル
何という色彩感覚。
そして単純化した線で描く絵は今見てもポップでかわいい。

IMG_5349

民族的な要素もあるけど見てると何だかおもしろい。

IMG_5347

IMG_5346

IMG_5351

見てて飽きなくて何度も会場をぐるぐる見てまわりました。

IMG_5342

生命の木。
メキシコ南部の陶芸の町メテペックの特産品なのだそう。
平板な楕円の木の形をしていて陶器でできています。

IMG_5343

枝にはにぎやかな飾りがたくさんで、細かなディテールに見入ったりして。
キリストがいたり髑髏がいたり天使がいたり。
大きさは様々で、5センチから2メートル以上のものまで。
20世紀半ばに作り始められたようです。

IMG_5344

おもしろい。

IMG_5345

IMG_5352

IMG_5350

村祭りで使われる仮面も楽しい。

メキシコにはこんなにも個性的な独自の文化があったんですね。

おもしろくて楽しかった!