うめあるき

梅子の宝塚暮らしとお散歩

メスキータの悲しい最期とコロナ禍を生きることを考えた〜西宮市大谷記念美術館「メスキータ展」へ

メスキータ展に行ってきた。
全国巡回を待ってコロナで延期だったのでやっとです。

昨年2019年に東京ステーションギャラリーで開催されてからの巡回展。

西宮市大谷記念美術館で4/4(土)から開催されるはずだったメスキータ展がようやく始まりました。

 

f:id:sanpo_kurashi:20200607004100j:plain

 

f:id:sanpo_kurashi:20200607004028j:plain

 

f:id:sanpo_kurashi:20200607003954j:plain

 

サミュエル・イェスルン・メスキータ(1868年6月6日〜1944年2月11日)

オランダで活躍した画家で版画家、そしてデザイナー。

やっぱり印象的なのは木版画。
シャープで簡潔な線。
シュールで印象が強い白と黒の作品は、月並みな言い方だけど・・・
かっこいい。

 

ユダヤ人であったためナチス・ドイツに妻、息子とともにアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送致され、ガス室で人生の幕を閉じました。

つくづく戦争って何も生み出さない。

今メスキータの作品を見ることができるのは、美術学校の教師をしていた頃の教え子エッシャーや友人たちがメスキータのアトリエから持ち出し、戦争中もナチスから隠して命がけで守ったもの。

 

f:id:sanpo_kurashi:20200607003921j:plain

 

メスキータの悲しい最期。

そしてエッシャーたちによって戦火を逃れたのだと思いながら作品をみていると、より一層胸に迫ってくるものがあります。

 

戦争の悲劇を思うと、コロナ禍も大変ですがまだコントロールができるかもしれませんね。

生きることを疎かにしていないか?

そんな風に自分に問いながら帰りました。

 

f:id:sanpo_kurashi:20200607003838j:plain

 

電話で予約しての入館ですが、快適に見られました。

メスキータ展は電話での予約でまず西宮市大谷記念美術館に電話を。

電話番号は 0798-33-0164 で時間帯は2時間ずつとなっています。

詳しくはホームページをご覧ください。




otanimuseum.jp